家族を超えた絆

子供への虐待のニュースが後を絶たない、憤りと共に胸が締め付けられる。

先日話題の「万引き家族」を観て来た。なんとも刺激的なタイトルだが、なぜか心が少し軽くなるのを感じた。虐待する親と血縁は無いが愛情もって万引きをやらせる親、子供はどちらが幸せなのか。犯罪を繰り返しながら生計を立てる家族、許されるはずは無いが何か暖かい空気が描かれている。

 何と言っても安藤サクラの演技が心に響く、世界が絶賛したという。そして子役の二人がとても自然だ。是枝監督は子役には台本を渡さずその場で演技指導するという。家族で花火を見上げるシーンは不思議とグッと来る。家族って何だろう、絆って何だろう。妹を自分の身体を張って護ろうとする少年、子供の乗ったバスを必死で走って追いかける父親、こんなに熱いものを感じるのは何故だろう。今の社会の“違和感”に抗する愛がいっぱいだ。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square