あなたが環境を護っていく

July 29, 2019

 

 

 

ペットボトルやレジ袋などのプラスチックごみによる海洋汚染対策が世界的な課題となり、微生物が分解する「生分解性プラスチック」が注目されている。不法投棄などで川や海に流れ込んでしまうプラスチックごみは分解されずに波間をただよう間に粉々になり、エサと一緒に魚が食べてしまうという。そしてプラスチックに付着した有害物質が内臓にたまったりする恐れがあるという。しかも日本近海のプラスチックごみの密度は世界平均より高いとの調査もあるようだ。代替品として「生分解性プラスチック」は、使用後は微生物に食べられ最後は二酸化炭素と水になる。国内外の飲食チェーンもこうした環境に良い素材に切り替える方針を出している。ただより広く使われるためにはコスト低減が必要であるようだ。

 

 私たちにも取り組めることは、何と言っても“ごみのポイ捨て”をやらないことだ。川や海を汚すことに直結しており、やがて私たちの健康にも影響することを肝に銘じよう。弊社も環境を護る会社として一人一人が襟を正して自身に出来る身近な事から取り組もうと思う昨今である。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

September 20, 2019

August 25, 2019

August 19, 2019

July 22, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square