湯を沸かすほど熱い愛

新しい年が明けた。何かとキナ臭い昨年であったが、今年こそは平和な一年であってもらいたい。誰も戦争など望んでないし、誰も大切な家族を悲しませたくないのだから。

先日レンタルDVDで「湯を沸かすほどの熱い愛」という宮沢りえ主演の映画を観た。ちょうど家族をテーマにしていた。

いやー泣けた泣けた。

ある日、主人公が余命宣告を受ける。残された時間にあらがうように彼女は家族のために本当にやるべきことを実行していく。宮沢りえは今や日本を代表する女優という風格である。また娘役の杉咲花がいい。大女優を相手にこの若さですごい存在感だ。そして衝撃的なラストシーンへ。「あっ、それでこのタイトルか」と納得する。エンドロールとともに印象的な主題歌が流れる。最後はあったかい湯舟につかってる気分になった。

世の中がこんな深い愛に満ち溢れていくと、どんなにステキだろう。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square