最高の人生の見つけ方


映画「最高の人生の見つけ方」を観てきた。やはり吉永小百合は、すごい女優だ。病院で出会う余命宣告を受けた二人の女性が、残された時間を悔いなく生きようと“あるリスト”の通りに行動する。人生の終着点が見えた時、自分は何を考えどんな日々を送るのか。いろいろと考えさせられた。

 秘書役のムロツヨシがいい味出している。実は逆オファーで掴んだ役柄らしい。以前に原作のハリウッド版も観たことあるが、様々な人生模様が描かれていて、私は今回の日本版が好きだ。

 先日テレビ番組で吉永小百合の特集があり、「私はアマチュア」との彼女の発言はとても印象に残った。自らを追い込んで行く役柄創り、さすが日本を代表する大女優だ。

 人間は誰人も期限未定の余命宣告を受けている、最高の人生とは何か、日々求めなくてはならない。いつ終着点が来ても悔いのない様に。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square